風鈴’別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢字メモ : 甲冑

<<   作成日時 : 2005/08/24 01:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

甲冑というが、どちらが「よろい」でしょう、と尋ねると、「冑」と自信をもって即答されたりする。本来は甲がよろいで、冑がかぶとだが、日本では、逆の用法もかなり定着しているとみられ、辞書でも一応書いているものがある。広辞苑は、「かぶとむし」に「甲虫」の表記も載せている。

Microsoft IME98では、「かぶと」で「甲」「兜」「冑」が候補に出た。
JR 中央線の前身である甲武鉄道の「四ッ谷トンネル」の入口にはブロンズ製の兜が飾られていたが、「かぶと」は武鉄道会社のシンボルだとのこと。
「甲」の字音が歴史的かなづかいでは「カフ」であることも、何だかこっちが「かぶと」のような気にさせる。

「冑」に関してもうひとつ話題になるのは、形のよく似た「胄」という字があることだ。「胄」の意味は「あとつぎ」だが、音は同じ「チュウ」であって、ますますまぎらわしい。日本漢字音が同じで混同される文字でも、中国語では全然違うことがよくあるが、このペアに関しては中国語の発音もまったく同じ。中古音にさかのぼっても同じであるようだ。区別して使えという方が無理なような気がする。

繁体中文の Big5 でも、これらの文字には別々のコードが与えられているが、香港のオンライン新聞でも「皇孫貴冑」などと書いてあり、コードを調べると「よろい」の方だった。「甲冑」「貴胄」の文字を入れ替えて中文サイトを検索しても相当数ヒットする。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢字メモ : 甲冑 風鈴’別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる