風鈴’別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 亀は万年

<<   作成日時 : 2006/04/01 23:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日、インドの動物園で、非常な長寿だったカメが死亡したとのニュースがあった。推定250歳とも言われるアルダブラゾウガメで、「世界最長寿」の動物だったのではないかと言われている。

そのカメの名は「ベンガル語で『無二』を意味する」との説明が多くの記事にあったが、名前そのものの綴りは、記事によって、addwaitya, adwaitya, addwaita, adwaita, advaita の少なくとも 5種類があった。advaita はサンスクリットで「無二であること」を意味し、インド思想系の文脈にはよく出てくるもので、adwaita と綴られていることもある。人名としても使われるらしい。addwaitya の方がベンガル語らしい綴りなのかもしれないが、ベンガル語についてはよくわからない。

この addwaitya という名前がカメにつけられたのは、なんと去年のことだという。それまで 250年(?)間は名前がなかったのだ。唯一無二の存在には名前は必要なかったのかもしれない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
亀は万年 風鈴’別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる