風鈴’別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 広東語による漢詩朗読 CD

<<   作成日時 : 2006/05/19 13:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

粤音尋正讀
唐詩篇
杜佑安 編著
交流出版社(香港)  2006
ISBN : 9889792737


どの言語にも、詩には詩の読み方がある。正確で、自然な発音を身につけている人が、会話のお手本を示すことはできても、韻文の朗読には向かないこともある。中国の映画やドラマで漢詩が出てくるシーンで、ベテラン俳優が読むと、実に詩らしく、リズムの美しさがあるが、専門家がみれば、字音が正確でないという場合もあるかもしれない。中国語(普通話)による漢詩の朗読は、テレビ・ラジオの番組や、CD などいろいろあるだけに、品質もさまざまなのではないだろうか。

広東語で漢詩を朗読した CD本 となると、見かけたのはこれが初めてなので、ほかのと比べることはできない。香港向けに「(テレビなどでは間違っていることもある)広東語による正しい中国古典の読み方」を指導する目的のもので、間違いやすいところには、反切など伝統的な方法による発音の説明がついている。どちらかというと、鑑賞よりも、正確さのほうに重点が置かれている感じはする。

絶句・律詩・古詩あわせて、およそ百篇を収録しており、最後は「長恨歌」なので、データの量はかなり多い。本のほうも印刷・レイアウトがきれいで読みやすい。

まえがきでは、広東語が隋唐時代の中国語に近いことを強調している。「(『広韻』の)広の字は広東省とは関係がなく」などとわざわざ書いてあったりする。「普通話では入声字のもの悲しい、あるいは奮い立つ音節を明らかに示すすべがない」。広東語を話す人が「漢詩を読むのには広東語が一番!」と言うのは当然なので、ある程度割り引く必要はあるが、広東語による朗読は、母音の長短の対比や入声(つまる音)のおかげで、切れ味の鋭い、独特の美しさがあることは確かである。

画像

なお、本のサンプルと音声(mp3) は、現在、出版社のサイトで公開されている。


付記: 香港映画の中の漢詩や中国古典

他にもたくさんあるはずだが広東語音声で一応確認できたもの。もちろん、ここでは、正しく引用することより演出が優先するが、それにしても、娯楽映画に登場するほど、これらの作品は親しまれているのだろう。

「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」(倩女幽魂)

君不見黄河之水天上來/奔流到海不復回……(李白 「將進酒」)

◆寧采臣がちょうちん三個を持って夜道を歩くシーン。

「ドランクモンキー 酔拳」(醉拳)

將進酒/杯莫停/與君歌一曲/請君爲我傾耳聽……(李白 「將進酒」)
新豐美酒斗十千/咸陽遊侠多少年(王維 「少年行」)
天子呼來不上船/自稱臣是酒中仙(杜甫 「飮中八仙歌」)
擧杯邀明月/對影成三人(李白 「月下獨酌」)
葡萄美酒夜光杯/欲飮琵琶馬上催……(王翰 「涼州詞」)

◆酔拳伝授を前に師弟が酒をくみかわすシーン。どれも、日本でも親しまれている詩。

「ドラゴンロード」(龍少爺)

五將失道、陵獨遇戰。而裹萬里之糧、帥徒歩之師、出天漢之外、入強胡之域……(李陵 「答蘇武書」)
十年生死兩茫茫。不思量。自難忘。……(蘇軾 「江城子」)
山不在高、有仙則名。水不在深、有龍則靈。……(劉禹錫 「陋室銘」)

◆勉強嫌いの主人公がカンニングしながら暗唱する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広東語による漢詩朗読 CD 風鈴’別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる