風鈴’別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 電話とトンカツ

<<   作成日時 : 2007/02/12 03:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小説のページ麻生幾の小説『ZERO』は、日本と中国の諜報戦を描いた話、らしい(まだ途中までしか読んでいないので)。登場人物が非常に多く、さまざまに切り取られたディテールが出てくるばかりで、小説の全体像がなかなかつかめない。全体としてどういう話なのか、あるいは、話などはなくて、このディテールそのものがすごく面白いと思う読者以外は、お断りするというものなのか、判断がつきかねている。

さて、その最初のほうに、日本側の情報収集の一環として、中国大使館で使われている、ある書類を手に入れるシーンが出てくる。その表紙には「分机申活簿」と記されているという……。

何か秘密の暗号だろうか。しかし、どうも、字面の雰囲気がどこかで見たような。……もしかして、それは、「分機電話簿」(内線番号リスト)では……?

中国では、「電話」は下のような文字になる。いうまでもないが、「電」と「話」の簡体字であって、「申」や「活」とは関係がない。
電話の簡体字

中国の企業が、日本向けに作った商品のパッケージで、日本の新字体に似た文字を、無理やり中国の簡体字から選んであてはめた例は時々あるが、これはその逆のケース? もしかすると、くだんの書類は、実は中国大使館から失敬したものではなくて、日本人が捏造したというオチがあるとか……一応シリアスそうな小説なので、それはちょっと無理がある気がする。製版の過程で起きた珍現象なのだろうか。今読んでいるのは単行本を文庫化したものなのだが。それとも、何か深い意味があるのだろうか。最後まで読めばわかるかもしれないが、かなり根気がいりそうだ。とにかく、意表をついた表記である。

「申活」で検索してみると、「携帯申活」などが結構でてくる。Webの場合、わざとやっているものもありそうだ。また、OCR のしわざもあるかと思ったので、試しに、上の「電話」の簡体字の画像を、中文に対応していない OCRソフトに渡してみた。結果は、「屯活」。

そこで、今度はこれを Google で検索すると、こちらもかなり出てくる。ただし、検索結果に並んでいるのは、ほとんどが PDFファイル。検索結果ページには「打来的屯活」などと表示されているが、実際の PDFファイルの中は、正しい簡体字になっている。これは Google の PDFファイル検索にかかわる問題のようだ。

「とんかつの屯活」というのもあったが、これは、金沢市にあるとんかつ店の名前だった。
ZERO〈上〉
ZERO〈上〉 (幻冬舎文庫)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
電話とトンカツ 風鈴’別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる